2006年11月26日

福祉関係の資格試験

福祉関係の資格は、近年、人気が高まってきています。高齢化社会にともない、求人状況が安定していること、やりがいのある仕事であることなどが理由の一つでしょう。


 主な資格には、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士などがあり、この3つはいずれも国家資格です。


 社会福祉士の国家試験の受験資格は、福祉系の大学で指定された科目を修めるか、実務経験を積んだうえで養成機関を卒業すると得ることができます。


 介護福祉士については、指定された養成施設を卒業すると、無試験で資格を得ることができます。


 福祉関係の職業と言っても、介護職員や指導員、作業員、事務員などは、必ずしも資格取得の必要はありませんが、就職の際は、資格を取得している方が有利と言えるでしょう。


 その他の福祉関係の資格には、介護支援専門員(ケアマネージャー)、介護アテンドサービス士、福祉住環境コーディネーター、介護食士、痴呆ケア専門士等、民間・公的資格含めて、さまざまなものがあります。


 中でも、ホームヘルパーは、養成学校や講習会で過程を修めると取得できる、公的資格の一種です。試験はありません。比較的手軽に取得でき、ニーズも高いため、人気は高まってきています。
posted by 管理人 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉関係の資格試験

福祉に関する資格試験 その2

福祉関係の資格には、さまざまなものがあります。


 社会福祉士(ソーシャルワーカー)は、福祉に関する相談に乗り、必要な援助・指導を行うスペシャリスト。人気と信頼のある国家資格の一つです。


 介護福祉士(ケアワーカー)は、介護が必要な人に対して、入浴や排泄、食事などの生活上必要な介護を行う専門職で、これも、国家資格となっています。


 介護福祉士については、指定された養成施設を卒業すると、無試験で資格を得ることができます。


 福祉関係の資格には、他にも、精神保健福祉士、介護支援専門員(ケアマネージャー)等々、国家資格から民間資格までいろいろあります。


 福祉系の仕事は、無資格で就ける職業もありますが、やはり資格を取っておいたほうが有利。最近は、資格取得が条件になっている求人も増えてきています。

 資格試験突破のためには、福祉系の大学を卒業することが早道ですが、ホームヘルパーなどのように試験を必要としないものや、実務経験を経て国家試験を受けられる道が開かれているものなどもあります。


 何の職種を目指すのかをよく検討したうえで、自分に合ったルートで、必要な資格を取得しましょう。

posted by 管理人 at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉関係の資格試験

介護とは?

介護とは、日常生活に支障のある高齢者や病人、障害者等の、生活上の世話・支援をすることです。介護福祉士や、ケアワーカー、ケアマネージャー(介護支援専門員)ホームヘルパー等も、最近注目の職業・資格として、耳にすることも多くなりました。


介護保健法で定められたサービスには、訪問介護やデイ-サービスなどの在宅サービスと、特別養護老人ホームやデイ-ケア-センターなどの福祉施設でのサービスの2つがあります。


また、介護される側である要介護者は、介護保険法に基づいた介護サービスを受けるために、要介護度5〜1、要支援といった段階に分けられています。


昨今では高齢化社会や核家族化・少子化が進んだため、日本の介護観も大きく変化しており、家族の負担の問題も浮かび上がってきています。

posted by 管理人 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護について

介護について その2

介護というのは、寝たきりの高齢者や病人、障害者など、日常生活に支障がある人の自立のために、食事・排泄などの身の回りの世話や介抱をすることです。


介護という言葉は1970〜1980年代によく使われるようになり、さらに、社会の高齢化にともなって2000年に施行された介護保険法により、高齢者の在宅サービスや保険制度が社会に浸透してきました。


最近では、介護福祉士、ホームヘルパー、ケアマネージャー(介護支援専門員)等の専門職も注目を浴びています。


介護保険法で給付されるサービスには、訪問介護やデイサービスなどの在宅サービスと、特別養護老人ホームやデイケアセンターなどの福祉施設でのサービスがあります。


介護サービスを利用するには、要介護認定を受ける必要があり、その段階によって要介護度も区分されています。

posted by 管理人 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護について

ニーズが高まる訪問介護(ホームヘルプサービス)

訪問介護は、社会の高齢化に対応するために2000年に施行された介護保険法に基づいて行なわれるサービスで、ホームヘルプサービスなどとも呼ばれています。


介護福祉士やホームヘルパー等が要介護者・要支援者のいる家庭を訪問して、身体介護や入浴・排せつ・食事等の家事援助を行なうもので、高齢化社会の進行に伴ってますます需要が高まってきているのが現状です。


訪問介護員となるには、訪問介護員養成研修の課程を修了し、介護保険法施行令の中で定められた資格を取得する必要があります。
posted by 管理人 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 訪問介護

訪問介護(在宅での介護サービス)について

介護保険制度で定められているサービスは、在宅と施設サービスとに分けられますが、介護福祉士やホームヘルパーなどの資格を持つ専門員が、自宅で療養している高齢者や病人を訪問して、身体介護や入浴・排泄の介助、食事等の家事援助などを行なうのが「訪問介護(ホームヘルプ

サービス)」です。


特別養護老人ホームやデイ-ケア-センターなどの福祉施設で行なわれる施設サービスの対象者よりも、比較的軽度な要介護者が対象となっています。


訪問介護サービスは、少子化や核家族化、そして社会の急速な高齢化が進む中、要介護者を抱える家族にかかる負担の軽減に役立っています。
posted by 管理人 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 訪問介護

在宅介護とは

在宅介護と施設介護。この2つは、介護保険制度で定められているもので、在宅介護には、ホームヘルパー等による訪問介護やデイ-サービスなどがあります。


介護を要する高齢者・病人と、要介護者を擁するその家族を対象とした在宅介護支援センターも、平成2年度より特別養護老人ホームや病院などに併設され、在宅介護に取り組む家族と、高齢の在宅者をバックアップしています。


ショートステイやケア-ハウス(老人ホーム)、グループ-ホームといったスタイルも、在宅介護のカテゴリーに入ります。

posted by 管理人 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 在宅介護

在宅介護について

在宅介護というのは、自立した日常生活を送ることが困難な高齢者等のために、家族やホームヘルパー等の専門家が、要介護者の住居において行うサービスのことです。


家族のもとを離れ、介護施設に入って専門的な介護を受けるよりも、住み慣れた自宅での介護を希望される方は少なくありません。


介護保険法では、これらの、施設介護によらない介護サービスについても規定を定めており、ホームヘルパーによる訪問介護やデイサービス、グループホームやケアハウス、ショートステイなども在宅サービスに含まれます。
posted by 管理人 at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 在宅介護

介護・福祉関係の就職を考えている方へ

介護関係の職場への就職を希望する人は、社会的ニーズが高まる中、増加傾向にあります。


介護福祉業界への就職を考えた場合、職種としては、ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー)、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、看護師(訪問看護師)、介護保険事務等さまざまな分野があり、それぞれの仕事に必要な資格も昨今注目を集めています。
posted by 管理人 at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護関係の就職

介護・福祉関係の仕事に就職するためには

介護・福祉関係の道への就職や資格取得は、急速に高齢化社会が進んできていることもあって、さまざまなニーズがあり、社会の関心も年々高まってきています。


介護施設への就職は、お年寄りや介護が必要な人たちをを支え、手助けするためのもの。そのため、生きがいややりがいを感じて就職を目指している人も多いのです。


ホームヘルパー、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー)、介護支援専門員(ケアマネージャー)、サービス提供責任者、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、看護師(訪問看護師)、介護保険事務等さまざまな職種がありますが、基本的には、介護・福祉

サービスを必要としている高齢者や障害者などを、専門的な知識や技能によってサポートするのが仕事です。


ただ、対人サービスなので、体力や精神力も必要とされ、ハードな一面もあります。

posted by 管理人 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護関係の就職